Thermal spray

金属溶射とは

溶射とは、部品を長持ちさせていく技術です。

「溶射」は、燃焼ガス・アーク・プラズマ等の熱源により溶融した溶射材料を高速ガスや圧縮エアーによって母材金属に吹き付け、積層させることにより皮膜を生成するコーティング技術です。
溶射材料は、線材、パウダー等いくつか種類があり、持たせる効果により材料が変わってきます。
生成された皮膜は、部品に様々な効果を持たせることが出来、部品を長持ちさせることが可能です。

また、溶融した溶射粒子が持っている熱は非常に少ないため、母材金属への熱影響は最小限に抑えることができます。よって全面・全体ではなく、養生を行えば部分的な溶射施工が可能となります。施工可能な母材を選ばないという点も溶射の特徴であり、炭素以外であればセラミック等にも溶射を行うことが可能です。

※防食溶射では、複合サイクル試験において「100年耐久」を実証しております。

金属溶射のメリット

  • 母材の材質を選ばず溶射を行うことが可能です。 炭素以外であれば、特殊材料でもあるセラミック等にも溶射を行うことができます。

  • 母材金属への熱影響が少ないので、ゆがみ等の影響が出ることがありません。

  • 消耗頻度が各段に低下するので、メンテナンスや交換にかかる費用を抑えることが可能です。

  • 必要箇所へのみ溶射することも可能。経済的な母材をご使用いただけます。

  • 元々の形状に修復/再生が可能です。

“溶射”はマルチに活躍します!まずはご相談ください!

サービス案内 >
アーク溶射 半導体
実績 >
お客さまの声
お客様の声 >
よくある質問 >
JPRESS株式会社 社屋
会社案内 >
求人情報 >
SDGs・ESGの
取り組み >
最新情報 >